ヨガインストラクター資格取得講座、養成講座を、少人数制で取得するなら、バンデヨガスクール。

IDC講座3日目を受講しました! | ヨガインストラクター養成講座、ヨガ資格講座

ヨガコラム

HOME > Yoga Column

IDC講座3日目を受講しました!

インストラクター養成講座 :  全米ヨガアライアンスヨガ資格-RYT200

秋の味覚がおいしい季節になりました。
本日は、〈インストラクショナル・デザイン・コース -Instructional Design Cpurse-(IDC)〉3日目の様子を、受講生のサキがお知らせします。


まずは、
前回からの課題であったバンデナマスカーラを、一人ずつセンターマットに立って自分のことばで伝えます。

センターマットに立ったとたん、
吸って吐いて・・・右と左・・・
今まで迷いなくできていたことが混乱してしまう現象が発生!

皆さまからは率直な感想とアドバイスを、
ゆか先生からは今後の課題についてコメントをいただきました。

自分を客観的にみる機会は、ヨガインストラクターに限らず日常生活に生かせるものが多くあり、
緊張したけれどよい学びでした。



その後の座学では、
インストラクションの目的と伝え方、その意義と重要性について学びました。
同じアーサナであっても、クラスの目的やインストラクターによって伝えたいことや伝え方が変わります。

メンバーそれぞれの個性は特別なもので、それを生かす言葉の選び方や話し方があることを教え合いました。



続いて、
ダンダアサナと、パスチモッターナアサナを深めました。
動作を行うために具体的な説明は必要ですが、
イメージを伝える方がその動きに近づけられる場合もあります。

インストラクターは感情を伝えることはあまりありませんが、目的や思いを動作に込める必要はあり
参加者の方が、心地よく満たされた気持ちになれる環境を提供すること。
その一つが伝え方であると実技を通じてさらに実感しました。

教えていただく内容は、優劣をつけたり、みんなが同じであることを求められておらず、
個人が尊重されているといつも感じます。



ヨガのもつ懐の大きさと、
ゆか先生たくま先生のお人柄、メンバーのおかげで毎回あっという間の楽しい時間です。



(writer/サキ)